初手はキョダイゴクエンでしょ?

リザードン好きなアラサーがポケモンについての記事を書きます

TOPページ

f:id:SER0P0KE:20220306225642j:plain

 

皆さんこんにちはせろです!

このページに訪問してくださり誠にありがとうございます。

簡単な自己紹介と過去の戦績をまとめました。

 

自己紹介

 

普段はデザイン関係の仕事をしている社会人ポケモントレーナーです。

週5〜6、朝から日付変わるくらいまで仕事をしていますが、その中でなんとか時間を作り日々ランクマッチに奮闘しています。

 

ポケモンはほぼ全シリーズプレイをしています。

リアルタイム(オンライン)ネット対戦を始めたのは第5世代終盤からで、6世代スタートと同時に明確な目標を立てて頑張っていました。

7世代ではほぼランクマッチはやらなかったのですが、8世代開始ともにエンジョイ勢として復帰し、コロナ禍で仕事量が減った2020年4月(シーズン5)より本格的にランクマッチを再開しました。

仕事量が戻るまでと決めていましたが、戻った今でも楽しくて辞められず今に至ります。

 

好きなポケモン達です↓

f:id:SER0P0KE:20220306165706j:plain

 

枠の関係上入りませんでしたが、ウーラオスルカリオバルジーナ、ピクシー等も好きです!

1番好きなポケモンリザードンですが、ピィちゃんしか勝たんです。

 

良かったら仲良くして下さい。

戦績

 

第5世代(BW2)

フリーバトルでの通算1000勝(トレーナーカードブラック)達成後、XY発売の直前のシーズンのみレーティングバトル(ランクマッチ)をプレイ。

 

第6世代(XY)

シーズン1〜6までプレイ。

メガリザードンYメガバシャーモを愛用

最終レート2000↑4回

 

第7世代(SM)

ほとんどやっていません。

 

第8世代(剣盾)

最終レート2000または最終200位以内のシーズンのみ記載します。

最終2桁×4

最高最終レート2059

 

■シーズン6

185位 レート2053

f:id:SER0P0KE:20220306220811p:plainf:id:SER0P0KE:20220306220822p:plainf:id:SER0P0KE:20220306220840p:plainf:id:SER0P0KE:20220306220903p:plainf:id:SER0P0KE:20220203115904p:plainf:id:SER0P0KE:20220306220947p:plain

【構築記事】

ser0p0ke.hatenablog.com

 

■シーズン8

145位 レート2059

f:id:SER0P0KE:20220306220822p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221019p:plainf:id:SER0P0KE:20220306220903p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainf:id:SER0P0KE:20220306220947p:plain

【構築記事】

ser0p0ke.hatenablog.com

 

■シーズン10

304位 レート2004

f:id:SER0P0KE:20220306220822p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221120p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221130p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034452p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221205p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221227p:plain

【構築記事】

ser0p0ke.hatenablog.com

 

■シーズン11

80位 レート2027

f:id:SER0P0KE:20220306220822p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221427p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221453p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034452p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221120p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221608p:plain

【構築記事】

ser0p0ke.hatenablog.com

 

■シーズン14

135位 レート2016

f:id:SER0P0KE:20220306220947p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034452p:plainf:id:SER0P0KE:20220306220903p:plainf:id:SER0P0KE:20220304115047p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221723p:plain

ser0p0ke.hatenablog.com

 

■シーズン19

185位 レート1942

f:id:SER0P0KE:20220306221750p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainf:id:SER0P0KE:20220306220903p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221852p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034638p:plainf:id:SER0P0KE:20220306220947p:plain

ser0p0ke.hatenablog.com

 

■シーズン24

65位 レート200893位 レート2001

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034618p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034452p:plainf:id:SER0P0KE:20220306221723p:plain

ser0p0ke.hatenablog.com

 

■シーズン25

171位 レート1961

f:id:SER0P0KE:20220304114439p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034452p:plainf:id:SER0P0KE:20220306220903p:plainf:id:SER0P0KE:20220306222103p:plainf:id:SER0P0KE:20220306220840p:plain

ser0p0ke.hatenablog.com

 

■シーズン26

70位 レート2015

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043328p:plainf:id:SER0P0KE:20220203115904p:plain

ser0p0ke.hatenablog.com

 

■シーズン27

68位 レート2020

f:id:SER0P0KE:20220304114439p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104441p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104503p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104427p:plain

ser0p0ke.hatenablog.com

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

※随時更新する予定です。

【結果】最終3桁を目指す窓【1シーズン目】

皆さんこんにちは!せろです!

 

今回は以前に僕がツイートにて募集した最終3桁を目指す窓企画についての記事になります。

最初の1シーズン目が終わりましたので、結果報告を行いたいと思います。

 

3桁窓とは

まず、最終3桁を目指す窓ってなんぞや?という方のために、簡単にこの企画についての説明をしようと思います。

 

強くなりたいけど誰に相談したら良いか分からない、何をやったら良いのか分からないという方に向けて、第一ステップとしてまずは最終3桁を目指してみましょうという企画です。

この企画を通じて目標を達成することの楽しさを感じて頂くことで、少しでもランクマッチ界隈が盛り上がればと思い始めさせて頂きました。

 

過去レート2000↑を複数回達成されている8名+僕を加えた計9名(以下講師と表記)がアドバイスをする旨を公表し、3月中旬以降に以下の条件で募集を行いました。

・最終3桁を1度はとってみたい方(それ以上でも可)、また誰に相談したら良いか迷っている方

・最終4桁を1度でもとった事がある(ある程度の知識があるかどうか)

・ Discordを使える方(日々の進捗の記録のため)、Discordを使った通話が可能な方

・レスポンスが遅過ぎない方

・最低限の礼儀を弁えている方

 

締め切りまでに沢山の方にご応募頂き、講師側で話し合いを重ねた結果、最終的に過去一度も最終3桁を達成された事の無い15名の方を参加者として迎え入れる事が決定しました。

※趣旨から逸れていると感じたものについては、選考に含めなかったものもあります。その場合は別の方法等をご本人に提案させて頂きました。

 

簡単な活動内容(活動の流れ)

箇条書きにておおまかな部分だけを書かせて頂きます。

 

・S28の振り返り(構築記事を書いて頂き、ご自身の思考をまとめる作業を行って頂きました)

・構築記事やアンケートを元に適性を見極め、グループ分け

・各々に合いそうな上位レンタル構築の紹介。そこから環境の変化に応じて軸を固定したままポケモンや型の提案を行い、試用→反省を繰り返してもらう

・参加者個人のメモ進捗チャンネルを作成。4/18までは1試合ごとに試合の選出、勝敗、展開、反省点をメモしてもらい、それに対してアドバイスする形に(自身の思考について言語化の癖をつけてもらうため)。動画の撮影が可能な方は動画を撮影してもらい、選出や立ち回りの改善点を話し合う。4/18以降は個人の振り返りのためのチャンネルに趣旨を変更。質問がある場合は都度質問ポストに投稿してもらう形に

・週1回グループごとに定例会議を設け、個人の課題を通話にて直接相談に乗る

・その他ダメ計ツールやぱにぱにツール等の対戦に役に立つアプリの紹介。交流を深めるための雑談や通話

 

結果

参加者15名中5名の方が最終3桁を達成されました!

最終3桁を達成できなかった方の中にも惜しい方は何人もいらっしゃいました。

 

最終3桁達成者コメント

セイウチろうさん

■参加する以前の戦績
・ S27は15000位くらい。
それ以前のルールでは5000位前後をうろちょろしていた。
・最高最終順位:1700位前後(竜王戦ルール)

 

■S29の順位
725位
※サブROM:ちびごりらで725位。
メインROM:セイウチろうは3000位くらい。

 

■窓に参加した感想
簡単に言うとめちゃくちゃ勉強になる!そしてめちゃくちゃ丁寧に細かく対応していただいてるので本当にありがたい。
具体的には、自分の選出や立ち回り、構築に足りない部分に関して、細かくアドバイスをいただけるから考え方の幅が広がる。
ただ今回たまたま結果を出せただけで、自分の実力ではないような気がしてしまう。プレイングや選出はもちろん、構築を組む力など、自分で考える力を伸ばしていきたい。

 

 

ひかげさん

■S28以前の最高最終順位
1389位(シーズン9)
直近s28は最終9000位とかでした。

 

■S29の順位
887位、レート1818

 

■3桁窓に参加した感想
◯自分の変化
・対戦の振り返りをするようになった。
(今までは振り返り方がよく分かってなかった)
・対戦時間を測るようになった。
・対戦中にメモを取るようになった。

○3桁窓の感想
・自分じゃ気付けていなかった視点からのアドバイスをいただけるので、以前より視野が広がった。
・今まで構築や対戦の相談ができる人がほとんどいなかったため、その人脈ができてすごくありがたかった。
・まわりに一緒に頑張っている人たちがいるため、最終日までモチベーションを保つことができた。

 

 

 

はなまるさん

■S28以前の最高最終順位
1,889位 (レート1,787)
直近のS28は2,411位 (レート1,728)

 

■S29の順位
TNはなまる 880位 (レート1,818)
TNうどん 1,016位 (レート1,810)

 

■3桁窓に参加した感想
○負け試合の敗因を言語化する癖がついたことによって、この選出なら勝てた・この場面で引いていたら勝てた、という「こうしていれば勝った」を自分の中で積み重ねることができたので、同じ負け方をしないように心掛けるようになりました。
中にはどうすれば勝てたのか自分だけでは分からなかった試合もありますが、その試合については講師の方々の解説により「こうすれば勝てた」を蓄積することができ、敗因への理解をかなり加速していただきました。

○上位の方々の、諦めずに前向きに上を目指す姿勢に間近で触れる機会が多かったため、メンタル面でかなり変化がありました。
最終日の夜中2時くらいにメインromを3,000位近くまで溶かしてしまい以前の自分なら「来月またがんばろう」と言って寝てましたが、「まだ数時間あるしやれるところまでやってみよう」と思えるようになりました。

 

 

エバンスさん

■S28以前の最高最終順位
5349位(S5)
直近のS28は5709位

 

■S29の順位
396位、レート1865

 

■3桁窓に参加した感想(参加以前との変化)
○対戦への取り組み方の変化
・試合の振り返りをするようになった。
→プレイングの向上とパーティーの強化に繋がった。

○コミュニティの変化
・アドバイザーの方々との繋がりが生まれた。
→重い並びやプレイング等の悩みを解決することができた。
→上位の方々の思考に触れることで、自分では気が付かなかった考えを学ぶことができた。

・他の参加者の方々との繋がりが生まれた。
→間近で皆さんの頑張りに触れていたお陰で、モチベーションが向上した。

 

 

ぺいぺいさん

※S28で初の最終3桁を達成されました

 

■S28以前の最高最終順位
S28で677位

それ以前は2000〜4000位


■S29の順位
703位

 

■3桁窓に参加した感想           

対面構築で戦っているので、努力値、技構成、6匹の中にどのポケモンを入れるかなどの細かい調整を超上位の方が一緒に考えてくださるので、とても参考になり有り難かったです。また、教えて下さる方々の知識が非常に深く選出立ち回りは勿論、自分がやりたいプレイング、使いたいポケモンを尊重して頂いた上でのアドバイスを下さったので、とても楽しかったです。

・以下、凄い個人的な意見です。ポケモンを今年から真剣に始めたので、超上位の方は勿論、切磋琢磨し合う方々とお話しする機会も無かったので、この機会に色々交流が出来たのがとても嬉しかったです。後は、週一の定期相談会は勝てなくても、上手い方々のお話しが色々聞けてとても楽しかったです。

 

最後に

講師陣&参加者どちらの熱量も凄く、個人的には非常に良い雰囲気の中企画を進める事ができたと思っています。元々は2ヶ月後に最終3桁を達成できればという考えの下始めたのですが、参加者の皆さんの努力もあり、最初の1ヶ月で5人の最終3桁達成者を排出する事ができました。

 

下記は有志で集まって頂いた講師陣の皆さんです。(順不同)

 

・院長 さん

・かっしー さん

・ゴン さん

・ペー さん

・ぽぜす さん

・とっつぁん さん

・キョウタ さん

・カオス さん

 

皆さんプライベートが忙しい中、自身の時間を削ってまでこの企画に多くの時間を割いて頂き、本当に頭があがりません。僕自身も勉強になるような事が多かったです。

改めてこの8名で良かったなと思っています。

 

次の1ヶ月も同じメンバーで活動する予定ですが、その先はまだ未定です。

メンバーの追加や体制の変化等もあるかもしれないので、続報をお待ち下さい。

 

まだまだ手探りの状態ではありますが、参加して良かったと思えるように精進していきたいと思います。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

【剣盾S27使用構築】奇想天外バシャザシ黒馬【最終68位】

皆さんこんにちは、せろです!

 

今回ポケモン剣盾シーズン27シングルバトルにおいて最終2桁順位で終わる事が出来ましたので、構築記事を書かせて頂きました。

 

f:id:SER0P0KE:20220303024709p:plain

 

使用構築の欄でレンタルPTも貸し出しています↓

 

結果

TN:SER0

最終順位:68位

最終レート:2020

 

TN:AKAR1

最高レート:1991

 

 

TN:PH0EN1

最終順位:宇宙

最高レート1929

最終レート:宇宙

使用構築

f:id:SER0P0KE:20220302095827j:image

 

構築経緯

3ヶ月ぶりの新ルールは禁伝2体環境(通称GSルール)というダブル用に考えられたであろうルールをシングルで行うというなかなかカオスなルールでした。中盤までは環境を楽しみたくて色々な禁止伝説を試していました。

カイオーガジガルデ、ディアルガジガルデ、オーガザシアン、黒バドホウオウ等、全部で9種類の禁止伝説と組み合わせを試し、どの組み合わせだと何がきつく、どの組み合わせが上位で戦えるのかを探っていました。その中で既に相棒枠になっている黒バドを使いたいという気持ちが強く、そこを常に頭に片隅に置きながら考察を進めていました。

黒バドと1番相性の良いザシアンとの組み合わせはメタモンがきついので厳しいかなと思っていたのですが、そこを解消出来さえすば苦手な構築の少ない強い構築が組めると思い、黒バドザシアンで最終構築を組む事にしました。

 

 

黒バドザシアン以外のポケモンを採用するに至った経緯↓

f:id:SER0P0KE:20220304114439p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104427p:plainの並びではメタモンにコピーがされてしまうと崩壊してしまうため、どちらにも切り返せる型のf:id:SER0P0KE:20220304104441p:plainを採用。最終盤環境に増えていたミラー相手にも強く出る事ができました。

上記3体だとダイマを切り合ってカイオーガに勝てるポケモンが居ないためf:id:SER0P0KE:20220304104503p:plainを追加。

カウンターを考慮した際に襷悪ウーラオス強く出られて、ザシアンに対して最悪後投げの選択肢を取る事のできるf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plainを追加。ザシアンバシャーモが苦手な地面の一貫も切れる事も大きかったです。

最後の枠は受けポケモンを牽制するためのf:id:SER0P0KE:20220304115047p:plainを入れていたのですが、終盤はホウオウやイベルタルから入ってくる受け構築が多く選出する機会が減ってしまったので、ザシアン以外では安定して勝つのが難しいイベルタルダイマを切り合って勝てる型のf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainに変更。黒バドへの引き先となったり、ジガルデ軸に安定した立ち回りができたのでこの変更は成功でした。

使用ポケモン

 

バドレックス(こくばじょうの姿)@拘りスカーフ

f:id:SER0P0KE:20211201051147g:plain

特性:神馬一体

性格:控えめ

実数値:191(124)-×-125(196)-224(148)-121(4)-175(36)

技構成:アストラルビット/サイコショック/リーフストーム/トリック

 

H-B A実数値244(特化)のザシアンの+1巨獣斬87.5%耐え、特化珠ミミッキュの影打ちを確定耐え、A実数値197の珠ランドロスのダイジェットを確定耐え。

H-D C実数値177の珠サンダーのダイジェット確定耐え

C アストラルビット×2で珠ランドロスを珠ダメ込みで乱数

S 準速エースバーン抜き抜き抜き抜き(スカーフ黒バドミラー意識)

 

以前使っていた型よりも少し火力を落とし、耐久と素早さに努力値を割きました。

 

↓前期使っていた型

ser0p0ke.hatenablog.com

 

相棒枠。

スカーフ黒バドレックスといえば非ダイマ状態で相手のダイジェッターを上からの攻撃2発で倒す事が出来るのが魅力の1つだと思うのですが、それはほぼC特化でなければ実現しません。

この環境ではそのような動きで安定して勝つ事が困難だと思ったため、火力を少し落とす判断を下しました。今まで非ダイマで勝てていたポケモン達(CS珠サンダー、AS珠ランドロス等)の型のトレンドが耐久型へと移り変わってきていた事、また、禁伝が2枠になった事でダイジェット媒体を所持していない耐久値が高めな禁伝がダイマしてくる場面の方が多かった事が理由として挙げられます。

エースバーンと黒バドレックスが初手で対面した場合ですが、禁伝2体がダイマを切らずとも強い並び(黒バドザシアン等)に含まれていた場合のみアストラルビットで倒しに行っていました。

 

スカーフ黒バドレックスの他の魅力を挙げるとすれば、その耐久力を活かしたダイマックス性能の高さにあると思っています。あらゆる禁伝の攻撃を2耐えするため、こちらが相手を倒しきれない場合でも相手のダイマックスを枯らしたり、自身をスイーパーとして残す選択肢を取れたりと、柔軟な立ち回りが可能になります。

 

技構成についてはサイコショックの枠が選択になるかと思います。相手の禁伝とダイマを切り合った際のダメージでチョッキだと分かった場合にサイコフィールド+サイコショックでを落としに行くルートを取れた場面が何回かあったので(キュレムパルキア等)個人的にはサイコショックで良かったかなと思います。

S実数値の175ですが、スカーフ黒バドミラーでは1回だけ上を取られました。他は全て上を取っていたので必ず抜きたいという方はSラインをもう少し伸ばしても良いのかなと思いました。

 

いつも通り最高の禁伝でした。

 

 

サンダー@ゴツゴツメット 

f:id:SER0P0KE:20210201062408g:plain

特性:静電気

性格:図太い

実数値:197(252)-×-150(252)-145-111(4)-120

技構成:ボルトチェンジ/暴風/電磁波/羽休め

 

HB特化サンダー。

選出率はそこまで高くありませんでしたが、ガマゲロゲと相手のウーラオスが初手で対面した際にカウンターを撃たせないための抑止力にはなっていたと思います。実際に1回も撃たれませんでした。(特殊ゲロゲをケアする場合はそもそも撃てませんが)

電磁波の枠は途中まで熱風だったのですが、熱風を撃つ場面が以前より減っていたのと、あまりにも相手に電磁波を撃たれるため、ならば...と思い採用しましたが結局ほとんど撃ちませんでした。

ルギアに後投げして電磁波を透かし、逆に電磁波を入れる事で楽しんでいました。

 

 

 

バシャーモ@気合の襷

f:id:SER0P0KE:20220301060003g:plain

特性:加速

性格:意地っ張り

実数値:155-189(252)-90-×-91(4)-132(252)

技構成:起死回生/シャドークロー/カウンター/堪える

 

B < D

 

環境メタのバシャーモ。黒バドザシアンミラー&メタモン対策。

シーズン中盤で襷バシャーモにシャドークローを食らった事から思いついた型です。カウンターを使うバシャーモが環境にほとんどいなかったからか、ほぼ読まれずによく決まりました。

基本的には裏に置いて獲物を待ち構えます。終盤の環境に黒バドザシアンが多く、ラス1でどちらに対面したとしても勝てるという状況が多く作れました。相手がザシアンの場合は、タイプ相性上電光石火を選択する余裕は無いのでカウンター即押しでOKです。相手の黒バドレックスが襷だった場合でもシャドークロー→堪える→シャドークローで勝てます。また、相手のメタモンに黒バドとザシアンどちらをコピーされても切り返す事ができます。汎用性はありませんが、その汎用性の無さのおかげでバシャーモをコピーしてきた相手のメタモンにほとんど仕事をさせませんでした。

バシャーモが黒バド軸に対して投げられやすいポケモンガオガエンブラッキーハピナス、ラッキー、ポリゴン2等)が選出されていた場合は、他のポケモンをカウンターや起死回生で倒した後に裏に1回引いて残す事で詰めやすくなります。

 

その他にも

雨下ダイマ物理f:id:SER0P0KE:20220303040850p:plainをカウンター→堪える→+起死回生で確定。

H252振りf:id:SER0P0KE:20220303040731p:plainをシャドークロー+起死回生で確定。

HB特化ダイマf:id:SER0P0KE:20220303041252p:plainをカウンター+起死回生で確定。

 

と活躍できる場面は多かったです。

 

サンダーとムゲンダイナには本当に何もできないので注意が必要です。

 

 

 

ポリゴン2@進化の輝石

f:id:SER0P0KE:20220203120126g:plain

特性:アナライズ

性格:冷静

実数値:191(244)-×-110-158(148)-130(116)-72

技構成:雷/冷凍ビーム/シャドーボール/自己再生

 

H-D 特殊イベルタルの特化珠ダイアーク+D1段階↓ダイアークをダイマ時98.4%で耐え

C 耐久無振りイベルタルをダイサンダー+エレキフィールド下のダイサンダーで確定、H252D116振りまでのジガルデを冷凍ビームで確定1発

 

イベルタルカイオーガ意識の雷、ジガルデランドロスドラゴン禁伝意識の冷凍ビーム、黒バド日ネクルギア意識のシャドーボール、ダイウォール媒体且つサイクル戦を意識した自己再生の4つの技構成にしました。

ガマゲロゲではイベルタルに安定して勝てなかった事もあり、考慮外から初手ダイマをして吹き飛ばす方法を考えていた所、この型のポリゴン2に辿り着きました。ダイマされなくても電磁波を嫌ってか初手挑発から入ってくるイベルタルも多く、多くのPTのプランを崩せす事ができたのではないかと思います。最終盤の上位に関してはイベルタルを初手に投げてくる人は少なくこちらの思い描いたプランにはならない事も多かったですが、ジガルデを迅速に処理できたり、バシャーモが投げにくい黒バド+受けの構築に対して黒バドの一貫を切れたり、黒バドゲロゲの並びで初手黒バドから入りたい場合に黒バド受けとして裏に置けたりとこの構築のパーツの1つとしての存在がかなり優秀でした。

ルギアにサンダーで麻痺を入れてからこのポケモンシャドーボールを連打しているだけで勝てた試合もありました。

調整や技構成は検討の余地はあるかと思います。

 

 

ガマゲロゲ@命の珠

f:id:SER0P0KE:20220301060110g:plain

特性:すいすい

性格:意地っ張り

実数値:181(4)-161(252)-95-×-95-126(252)

技構成:アクアブレイク/地震/パワーウィップ/岩石封じ

 

イボガエル。

カイオーガ軸に対してのメタ枠として入れていたのですが、日ネクゼルネ、ホウオウダイナ等刺さっているPTも多く選出率は高かったです。カイオーガ軸のガマゲロゲ対策としてヌケニンが同居しているPTが終盤に多く見られたので岩石封じを仕込みました。初手で有利対面を作った際にヌケニンガマゲロゲを見ているような並びは大体ヌケニンに引いてくるので魂のダイロックを撃って崩壊させていました。岩石封じはガマゲロゲダイマが切れた後に裏の相手のダイジェットのS上昇を抑えたり、初手に来るミミッキュの皮を剥がしつつSを下降させる等使い所は思ったよりも多かったように感じました。岩石封じの枠はどくどくと迷いましたが、ダイマ時の1ターン目に択を間違えてヌケニンダイマターンを全て枯らされてしまった試合があったのでダイマ中にヌケニンを処理できる岩技の採用に至りました。

ただ、ダイウォール媒体にもなるどくどくの方が汎用性は高いのかなとは思います。

 

 

ザシアン@朽ちた剣

f:id:SER0P0KE:20220301060155g:plain

特性:ふとうのけん

性格:意地っ張り

実数値:191(188)-242(236)-135-×-135-179(84)

技構成:巨獣斬/戯れつく/インファイト/ワイルドボルト

 

S-ルギア意識の最速110族抜き

 

雑に崩す動きができたら良いなと考えていたため、できるだけAを高めに設定しました。

最大打点の巨獣斬、ディアルガヒードランナットレイや黒バド受けのポリ2ラッキーハピナスガオガエン意識のインファイト、サンダー禁伝ドラゴン勢意識でヌオーへの最大打点となる戯れつく、ホウオウカイオーガエアームド意識のワイルドボルトの4つの技構成にしました。見られる範囲を広くしたくてこの技構成になりましたが、終盤は速いザシアンが増えていたのもあってほとんど上を取られていたので、1番撃つ機会が少なかった戯れつくを切って電光石火でも良かったのかなと思いました。

 

黒バドが苦手なポケモンに対して強く、禁伝1匹環境の時の黒バドを使っていた時に辛かったポケモンに対してあっさりと勝てていたので爽快感が凄かったです。

雑に殴ってもとにかく火力が馬鹿なので、この環境では間違いなく最強のポケモンでした。

 

基本選出

おおよそ以下のような基本選出をしていました。

組み合わせが多いため、メジャーな並びだけ記載します。

 

vs黒バドザシアン

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104441p:plain f:id:SER0P0KE:20220304104503p:plainorf:id:SER0P0KE:20220304104427p:plain

 

vsイベルザシアン

f:id:SER0P0KE:20220304104427p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104441p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainorf:id:SER0P0KE:20220304104503p:plain

※ザシアンを通す立ち回りを意識

 

vsカイオーガザシアン

f:id:SER0P0KE:20220304104503p:plainf:id:SER0P0KE:20220304114439p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104427p:plainorf:id:SER0P0KE:20220304104441p:plain

 

vsディアルガザシアン

f:id:SER0P0KE:20220304114439p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104427p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104441p:plainorf:id:SER0P0KE:20220304104503p:plain

 

vsホウオウダイナ

f:id:SER0P0KE:20220304104503p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104427p:plainf:id:SER0P0KE:20220304114439p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plain

 

vs日ネクゼルネ

f:id:SER0P0KE:20220304104503p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104427p:plainf:id:SER0P0KE:20220304114439p:plainorf:id:SER0P0KE:20220304104441p:plain


vs日ネクイベル

f:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104427p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104441p:plainorf:id:SER0P0KE:20220304104503p:plain

 

vsジガルデ全般

f:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainf:id:SER0P0KE:20220304104427p:plainf:id:SER0P0KE:20220304114439p:plainorf:id:SER0P0KE:20220304104503p:plain

 

重いポケモン(並び)

 

単体できついと思ったポケモンはあまりいなかった。

最上位の使うイベルタル軸がきつかった。受け攻めの並びが多かったし、そもそも立ち回りが上手すぎて隙がなくザシアンを通しづらかった。

 

あとがき

f:id:SER0P0KE:20220304130010j:image

 

新ルールの最初のシーズンで最終2桁を取れて良かったです。

1ヶ月間色々な構築を使い考察も沢山しましたが、最終的には1番好きな禁伝で使い慣れている黒バドレックスに落ち着きました。

 

新ルールということもあり、構築を考えていた時間が本当に楽しかった。

 

 

------ スペシャルサンクス ------

 

まどさん

通話ありがとうございました。運負けで1人で爆笑しててごめんなさい。

シングル&ダブルで2シーズン連続最終2桁おめでとうございます!

 

るんばさん

レイスポスを貸してくれてありがとう!(4回目)

 

親父窓の皆さん

ポケモン談義たくさんできて嬉しかったです。皆さんのおかげでモチベーションを保つ事ができました。これからもよろしくお願いします。

 

その他1月中に通話してくれた皆さん

楽しかったです。

 

仲良くして下さるFFの皆さん

いつもありがとうございます!

 

これからも精進していきたいと思います!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

質問等ある場合は、Twitter  せろ(@SER0P0KE)までお願いします。

 

それでは、また!

【剣盾S26使用構築】さらば竜王戦!二兎黒馬【最終70位】

皆さんこんにちは、せろです!

 

今回ポケモン剣盾シーズン26シングルバトルにおいて最終2桁順位で終わる事が出来ましたので、構築記事を書かせて頂きました。

 

f:id:SER0P0KE:20220203015231p:plain

 

使用構築の欄でレンタルPTも貸し出しています↓

 

結果

 

TN:PH0EN1

最終順位:70位

最終レート:2015

 

TN:SER0

最終順位:205位

最高レート:1987

最終レート:1937

 

使用構築

f:id:SER0P0KE:20220204110329j:image

 

構築経緯

竜王戦の最後のシーズンとなったシーズン26は構築の”練度”で勝負しよう決めていたため、過去2シーズンで使用し動かし方も分かっているスカーフ黒バドレックスを軸に組みました。

型だけ変えるという選択肢もありましたが、スカーフ黒バドレックスとその他の持ち物の黒バドレックスでは別のポケモンと思っても良いくらい使用感が異なると思っているので持ち物はそのままで行きました。

スカーフ黒バドレックスの他に、ウーラオスやザシアン、ミミッキュや最悪ポリ2に対してのクッションとして絶大な信頼を置いているサンダーは確定。その他を流動的に変えながら色々試していました。

 

終盤の2ROMレート1900までは

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034452p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034534p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034618p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034638p:plain

の並びで潜っていましたが、環境の変化もあってレートを溶かしたり戻したりの繰り返していたため、何が増えていてどういう負け方をしているのかを再度分析しました。

 

最終日が近くなった時に増えたと感じたのが”ムゲンダイナ軸”、”ゼルネアス軸”の2つの軸でした。

ザシアン軸は対面構築がほとんどで、カイオーガ軸に至っては取り巻きが似通っている構築が多かったので、選出を機械化する事によりある程度はやれるのですが、ムゲンダイナ軸やゼルネアス軸は対面、受け攻めの両方が存在していたため、単体メタや基本選出で対応する事が他の禁伝軸よりも難しいと感じていました。

母数が増えると当然考慮外の構築も登場してくるので、取り巻きや並びの種類によって複数の処理ルートを用意する必要があったのです。

ゼルネアス軸を例に挙げると、ジオコンを積ませないように立ち回る、且つマリルリまたは黒バドレックスが対面してるという状況が作れていない時はほとんど勝てていませんでした。

 

”禁伝Aの軸にはBのポケモン選出して禁伝Aを対策する”というより、”禁伝Aの軸でXの並びの場合はBのポケモンかCのポケモンを通す、Yの並びの場合はBのポケモンかDのポケモンのどちらかを通す”といった複数の処理ルートを持った構築を組まなければムゲンダイナ軸やゼルネアス軸に一定に勝率を保つ事が出来ないと思ったのです。

上記の事は対戦では至極当たり前のことかもしれませんが、今回はメタを張るにあたり特にその事を頭に置き構築を組み直しました。

 

そうして最終的に出来た並びが

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043328p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043347p:plain

の6体でした。

(前より並びの見た目が可愛くなった...?)

 

採用理由等は使用ポケモンの欄に書きます。

 

使用ポケモン

 

バドレックス(こくばじょうの姿)@拘りスカーフ

f:id:SER0P0KE:20211201051147g:plain

特性:神馬一体

性格:控えめ

実数値:191(124)-×-188(124)-227(172)-121(4)-173(20)

技構成:アストラルビット/サイコショック/リーフストーム/トリック

 

調整は以下をベースにしました。

sanya-poke.hatenablog.com

 

※さーにゃさん掲載許可ありがとうございました!

 

H-B A実数値244のザシアンの+1の巨獣斬81.7%耐え、特化珠ミミッキュの影打ちを確定耐え、A実数値197の珠ランドロスのダイジェットを確定耐え(〜179ダメージ)

H-D C実数値177の珠サンダーのダイジェット確定耐え

C アストラルビット×2で珠ランドロスを珠ダメ込みで確定

S 準速エースバーン抜き抜き

 

ミラー意識で引用元よりもS実数値を1速くしましたが、環境にいたスカーフ黒バドレックスは実数値173よりも速い事が多くこの調整が活きた場面はありませんでした。

ザシアン+ポリゴン2の並びが多かった上にザシアンはA特化が主流、また初手に来やすかったため、特化巨獣斬を高乱数で耐えなければそもそもゲームのプランが立てられませんでした。なので、耐久に多く割いた型を採用しました。巨獣斬確定耐えまで振ってしまうと火力が想定よりも大分足りなくなってしまうのでこれ以上は割けないといった印象でした。

前期までは確定で倒せていた耐久無振りダイマサンダーをアストラルビット×2で高乱数を引かなければ落とせなくなってしまいましが、マンムーポリ2の並びを警戒してか、ザシアン軸のサンダーの初手ダイマ率が低かったように感じたので特に気になりませんでした。

 

耐久に多く割いた事で、マリルリのダイストリーム+雨下ダイストリームを確定で耐えてくれたりと副産物も多かったように感じました。

 

最高の禁伝枠でした。3ヶ月間ありがとう!

 

 

サンダー@ゴツゴツメット 

f:id:SER0P0KE:20210201062408g:plain

特性:静電気

性格:図太い

実数値:197(252)-×-150(252)-145-111(4)-120

技構成:ボルトチェンジ/暴風/熱風/羽休め

 

前期、前々期と全く同じ型。

この構築において、悪ウーラオスへ後出しする事が多かったのでHB極振り以外考えられませんでした。襷枠としてよく選出されていたウーラオスを削って裏のダイジェットの起点にしたかったのでゴツゴツメットを持たせていました。

S +1で遅いザシアンを抜ければ良いと思っているので、Sに努力値は割きませんでした。

 

 

 

エースバーン@命の珠  ※キョダイ個体

f:id:SER0P0KE:20211202041114g:plain

特性:リベロ

性格:意地っ張り

実数値:155-184(252)-95-×-96(4)-171(252)

技構成:火炎ボール/飛び膝蹴り/飛び跳ねる/不意打ち

 

B < D

不意打ちのリーチができるだけ伸ばしたかったのでA特化。

珠枠は当初ランドロスを採用していましたが、以下の理由でエースバーンに変更しました。

ポリゴン2のいるザシアン構築に出しやすい。

ドヒドイデの居ないイベルタル軸初手から出しやすい。

・S90帯に多い大体の禁伝の上を取れている。

ダイマしない場合でもダイジェッターやスカーフポケモンを不意打ちで縛れる(主にスカーフカイオーガ意識)

・ゼルネアス軸によく同居していたテッカグヤへの牽制。また、ゼルネアスと対面した際にジオコンを積む隙を見せない。

 

特性リベロのおかげで安定して火力が高く、最高のダイマエースでした。

選出していても状況によっては他のポケモンダイマを切る事も多かったため、不意打ちが活きる場面は多かったです。

いつも膝を外しまくっているのに、最終日は一回も外しませんでした..いや、外したかもしれない。

 

 

 

ポリゴン2@進化の輝石

f:id:SER0P0KE:20220203120126g:plain

特性:トレース

性格:呑気

実数値:191(244)-×-156(252)-125-117(12)-72

技構成:イカサマ/冷凍ビーム/スピードスワップ/自己再生

 

バンギラスから変更した枠。

黒バドレックスをコピーしたメタモンへの対策としては勿論、水ウーラオスを抜いたことによってきつくなったミミッキュへの後出しが可能な点からもかなり優秀なでした。黒バドの+1サイコショックミミッキュ意識でほぼHB特化にし、エースバーンを通す上で障害となるカイリューランドロスに特に強く出れるよう、特性はトレースにしました。

技ですが、ミミッキュの皮を剥がす際にこおりの追加効果を狙え、ランドロスカイリューへの最大打点となる冷凍ビーム、ミミッキュや日ネクなどの積みエースに対して悠長に積ませず、黒バドへの打点となるイカサマ、貴重な回復ソースとなる自己再生までは確定でした。

残り1枠は電磁波にする予定でしたが、電磁波で抜けないポケモンや電磁波の効かないポケモンに対して確実に上を取れて、安易に数的不利を作らない立ち回りが可能な事をスピードスワップに魅力を感じ採用しました。ダイジェッターは勿論の事、強力な物理アタッカーの上を取る事でTODの勝ち筋も作る事ができた試合もありました。対面的に動かしてくる相手に対しては後続のサポートとして役に立ち、電磁波以上に効果があったように感じました。

 

スピードスワップを採用するならS0個体を使用したかったですが、そこまで時間がなかったため妥協してしまいました。

 

 

 

マリルリ @突撃チョッキ

f:id:SER0P0KE:20220203115456g:image

特性:力持ち

性格:意地っ張り

実数値:191(124)-112(252)-102(12)-×-103(20)-83(100)

技構成:戯れつく/穴を掘る/瓦割り/アクアジェット

 

調整は以下より拝借いたしました。

minrai525.hatenablog.com

 

※みんらいさん掲載許可ありがとうございました!

 

可愛いし強い水兎。主にイベルタル軸、ゼルネアス軸、ホワイトキュレム軸に投げていました。

この構築においてはアクアブレイクを撃ちたい場面が無かったため、スイープ力の高いアクアジェットを採用しました。

 

S実数値を無振り60族抜き抜き抜き調整にしたのは、オーロンゲを重めに見たからです。鋼タイプが構築に居ない以上、壁下のゼルネアスを止める手段がないからです。

壁展開に対してはほぼ壁を残さずに無償突破という形を取れたのでこのSラインの設定は正解でした。

 

ダイナックル+ダイアースでHBドヒドイデを確定で倒せるため、ドヒドイデ入りのイベル軸にも臆する事なく選出できたのは特に良かった所だと思っています。

 

実はダイマすれば控えめカイオーガのダイサンダーを2耐えするのですが、1回も選出しませんでした。勿体なかった。

 

 

マンムー@拘り鉢巻

f:id:SER0P0KE:20220203120027g:plain

特性:厚い脂肪

性格:意地っ張り

実数値:185-200(252)-100-×-112(252)-101(4)

技構成:氷柱ばり/地震/ストーンエッジ/氷の礫

 

H-D C197眼鏡ムゲンダイナのダイマックス砲確定耐え。

 

本構築の爆撃機

ムゲンダイナやゼルネアスを意識した他に、構築単位で重いドヒドイデを迅速に処理したい思いもあり鉢巻を持たせました。

ジガルデ軸のミミッキュテッカグヤ+ジガルデといったような選出にも強く、安定感抜群でした。

Dに多く努力値を割く事によって、急所を引かなければどんなムゲンダイナにも対面から勝てます。

こいつを投入してからジガルデ軸には勝率9割以上、ダイナループに関しては1回も負けませんでした。

鉢巻が読まれないのは勿論の事、厚い脂肪も読まれず、炎技に対しての被ダメを減らすことによって想定よりも1回分多く動けた試合もありました。

 

構築経緯の欄にも書きましたが、受け攻め構築のゼルネアス軸もそれなりに数が多かったので、このポケモンを入れることにより飛躍的に立ち回りやすくなりました。主に初手に投げ、対面で耐久にそこそこ振っているゼルネアスにジオコンを積まれても特化ドレインキッスを確定耐えするので地震×2で乱数で倒せますし、倒せなくても裏の先制技圏内に入れる事ができます。裏の物理受け(ヌオー等)に引かれても鉢巻地震が2発受からなかったです。エアームドと組んでいるゼルネ軸には当たらなかったですし、テッカグヤが居た場合はエースバーンを初手に投げていたので問題ありませんでした。

 

技についてですが、ストーンエッジを採用した理由は以下の通りです。

・初手に来やすい火力のあるホウオウをダイマして返り討ちにするため。

・ジガルデ軸でマンムー対策として選出されやすいヌケニンへの打点の確保。

 

ホウオウにダイロックを撃つ機会は1回しかありませんでしたが、ヌケニンストーンエッジを撃つ機会は何回かあったので入れて良かったと思いました。

 

後は、初手サンダーの抑制、エースバーンを通す上で障害となるカイリューランドロスの選出の抑制にもポリ2と合わせて貢献してくれていたようにも感じました。

 

基本選出

おおよそ以下のような基本選出をしていました。

 

vsザシアン

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plain


vs日食
ネクロズマ

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plain

 

vsイベルタル

f:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034534p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203043347p:plain

 

vsカイオーガ

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plain

 

vs黒バドレックス

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plain

 

vs白バドレックス

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203043328p:plain

 

vsゼルネアス

f:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainf:id:SER0P0KE:20220203034534p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043347p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203034348p:plain

 

vsゼクロム

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043347p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plain

 

vsホウオウ

f:id:SER0P0KE:20220203043347p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203034534p:plain

 

vsディアルガ

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203034405p:plain

 

vsムゲンダイナ

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043347p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043036p:plainorf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plain

 

vsジガルデ

f:id:SER0P0KE:20220203034348p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043302p:plainf:id:SER0P0KE:20220203043347p:plain



重いポケモン

ポリゴン2

黒バドを使っているので仕方ない。

 

★ダストシュート持ち襷エースバーン

マリルリがやられる。

 

★ミミウーラムゲンダイナ

みたいな並びだとマンムーが残らない事が多かった。

あとがき

f:id:SER0P0KE:20220204173257j:image

 

竜王戦の最終シーズンで最終2桁を取れて良かったです。

この1ヶ月間は、大きな仲間大会でも上位入賞する事ができましたし、ポケモンバトルという観点では充実していたんじゃないかなと思います。

 

新しいルールでも引き続き頑張りたいと思います。

 

------ スペシャルサンクス ------

 

まどさん

いつも居てくれてありがとうございます。

シングル&ダブルで最終2桁おめでとうございます!

 

るんばさん

レイスポスを貸してくれてありがとう!(3回目)

 

親父窓の皆さん

ポケモン談義たくさんできて嬉しかったです。

 

社会人飲み窓の皆さん

また飲みましょう。

 

その他1月中に通話してくれた皆さん

楽しかったです。

 

仲良くして下さるFFの皆さん

いつもありがとうございます!

 

これからも精進していきたいと思います!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

質問等ある場合は、Twitter  せろ(@SER0P0KE)までお願いします。

 

それでは、また!

【剣盾S25使用構築】化かし黒馬【最終171位】

皆さんこんにちは、せろです!

 

今回ポケモン剣盾シーズン25シングル171位の構築記事を書かせて頂きました。

僕自身結果には満足していないのですが、試行錯誤したシーズンでしたので、自身に反省を促す意味での備忘録としようと思います。

 

f:id:SER0P0KE:20220102154318j:plain



使用構築の欄でレンタルPTも貸し出しています↓

 

結果

TN:AKAR1

最終順位:171位

最高レート:1995

最終レート:1961

 

TN:SER0

最終順位:337位

最高レート:198×(1981か1982※バトルデータベースから)

最終レート:190×

 

TN:PH0EN1

最終順位:宇宙

最高レート:1905

最終レート:宇宙

 

最終日の何日が前に3ROM1900を達成したのに最後失速したのが悔やまれる。

 

使用構築

f:id:SER0P0KE:20220103222807j:image

 

構築経緯

 

前期の並びが”自分自身が使いやすい”という意味で最適解だったと思っているので、”禁伝を変える”か”並びを変えて改悪する”かの2択でしたが、改悪する方を選びました。

というのも、禁止伝説環境ではリザードンを採用しない場合に限って黒馬バドレックス以外の禁止伝枠使った事がなく、禁伝の新規開拓に割く時間が無い事を考えると慣れたポケモンで戦うのが1番だと判断したためです。

それに、黒馬バドレックスへの思い入れが強くなっていたという事もあります。

ドリュウズやエースバーンを最速にしたりと若干の変更を試したりしましたが、ありがたい事に前期の自身のレンタルパを沢山見かけたため、TNと合わせて型読みされる事を嫌って大幅な変更を試みました。

後は自分自身が同じようなコンセプトの中でどれだけ煮詰められるか、それ次第でした。

 

使用ポケモン

黒馬バドレックス、サンダー、連撃ウーラオスは前期の構築のものと全く同じです。

 

ser0p0ke.hatenablog.com

 

黒馬バドレックスに関しては、A実数値244のザシアンに対面で勝つ確率が高くなるようにH-B実数値を調整するのが正解だと思いました。サンダーに関しては最悪ダイマを切って倒しても良いかと。

終盤は体感2回に1回以上はザシアンにワンパンされていました。S24で結果を残した方が使用していたザシアンにA特化が多かったのが理由だと思います。

 

下記は中盤頃に考えていた黒馬バドレックスの調整です。ポリ2を後投げされる事が多かったのでDLを意識した調整をしていましたが、これだとサンダー等の仮想敵への役割が遂行できないと思い没しました。

f:id:SER0P0KE:20220103225833j:image

 

以下より上記3体以外のポケモンになります。

 

ミミッキュ@命の珠

f:id:SER0P0KE:20220103220359g:plain

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

実数値:131-156(252)-100-×-126-148(252)

技構成:じゃれつく/ゴーストダイブ/影打ち/剣の舞

 

AS極振り準速。

この枠は朝4時までイバンミミッキュで回していて、最終構築もイバンミミッキュになる予定でした。

 

イバンミミッキュの役割としては、対面的な選出となる事が多いザシアン軸のラス1に投げる事がまず1つ。基本は身代わり→呪い→先制ゴーストダイブ

ラス1が珠サンダーかザシアンなら(暴風混乱自傷を引かない前提)なら勝てます。一撃ウーラオスは初手か二番手のストッパーとして出てくる事が多かったため、一撃ウーラオスが最後まで残る事は一度も無かったです。

そして一番の役割ですが、ゼルネアス等の壁構築に投げてゼルネアスを流すor倒す事です。イバンミミッキュを使い始めてからゼルネアス構築相手には使い始めてから1回負けた以外は全て勝っていたと思います。

ミミッキュへの変更を行った理由ですが、後述するナットレイを投入した事により”ゼルネアスの流し”をミミッキュに一任する必要がなくなったからです。

一任する必要が無くなった理由ですが以下に例で示して説明します。

 

 

vs壁ゼルネアスの立ち回り(オーロンゲの場合)

■イバンミミッキュの場合

連撃ウーラオスで強引にオーロンゲを突破→裏から出てきたゼルネアスのジオコンのターンに水流連打→ドレインキッスで連撃ウーラオス倒される→イバンミミッキュで身代わり呪いゴーストダイブで壁ターンと枯らしと共にゼルネアスを倒す→ラス1のポケモンダイマして詰める。

 

■珠ミミッキュナットレイの場合

連撃ウーラオスで強引にオーロンゲを突破→裏から出てきたゼルネアスのジオコンのターンに水流連打→ドレインキッスに合わせてナットレイを投げる

鉄の棘と合わせてゼルネアスがほぼ回復できないので気合玉の有無関係なくミミラオスを残した状態で相手のラス1を詰められる。

 

vsゼルネアスの事ばかり書いてしまいましたが、珠ミミッキュのは多くの構築に投げる事ができて、特性によって誤魔化しが効き、ダイマをしなくても強い所等とにかく柔軟に動ける所が良い所だと思っています。

 

 

 

ヒヒダルマ(ガラルの姿)@気合いの襷

f:id:SER0P0KE:20220103175556g:plain

特性:ダルマモード

性格:陽気

実数値:180-192(252)-75-×-76(4)-161(252)

技構成:氷柱落とし/地震/欠伸/腹太鼓

 

以下の記事から拝借しました。

hipoke.hatenablog.com

 

※掲載許可は取りました。

 

イベルタル構築メタで採用。

また、構築単位で苦手なムゲンダイナにも圧力をかけることができる貴重な存在です。

イベルタルは基本初手に投げられるポケモンだと思っているのですが、前期の構築だと相手視点バンギラスを初手に投げる事が目に見えていたため、鋼技持ち以外の物理イベルタルと気合玉持ち特殊イベルタル以外はバンギラスに有利を取れそうなポケモンから入られる事が多かったです。

そこで見えない所からの崩しが出来る且つ裏にも圧力をかけられそうなポケモンを探していた所、初手適正が高く欠伸で様子見できそうな雪ダルマを発見したので採用に至りました。

 

vsイベルタル軸に対しての立ち回り

 

初手はほぼ全試合ヒヒダルマイベルタルの対面になっていました。

初手の行動は欠伸一択です。無理やりダイマを切られてもダイマを流す事が出来ます。

僕の経験則の話になりますが、イベルタルが物理の場合は不意打ち、特殊の場合はドヒドイデ引きをされる事が多かったように感じました。(陽気珠イベルタルの不意打ちで50%程度の中乱数1発でヒヒダルマが落ちる)

不意打ちを撃ってきた場合は”タダ”で欠伸が入るのため、起点にされたくない相手側は次のターン必ず裏に引いて来るので、腹太鼓を選択して裏ごと崩しにいっていました。1体持っていった後大体イベルタルがまた出てきますが、物理だった場合は不意打ち、特殊だった場合は降参という感じだったので、非常に多くの試合でイージーウィンできました。

 

 

 

ナットレイ@食べ残し

f:id:SER0P0KE:20220103220316g:plain

特性:鉄の棘

性格:生意気

実数値:181(252)-114-152(4)-×-184(252)-22

技構成:タネマシンガン/ジャイロボール/はたき落とす/宿り木の種

 

Sは最遅。

控えめカイオーガの雨ダイストリームを2耐え。

カイオーガ、ポリ2への牽制、ゼルネアスへの後投げ、ミラーに対して初手に投げる事で仕事ができると思い採用。

黒バドレックスの天敵のポリゴン2がザシアン軸以外の様々な構築で見かけるようになったため、選出を少しでも渋らせたいという意図がありました。実際ナットレイを投入してからポリ2の選出は抑えられていたように感じます。

この枠は地面枠(主にランドロス)を採用していたのですが他に抜けるポケモンがいなかったため、ここの枠と入れ替える形で投入。しかしナットレイ自体はほとんど選出せず、この枠ももう少し練れたら結果がまた違ったのかなと思いました。

エースバーンに強めなHBランドロスが最有力候補でした。

 

これを最終構築として朝4時から潜り始めたのですが、数戦やってある事に気づく。

 

エースバーンを誰も止められない

 

各構築への対策を機械化する事に比重を置きすぎて、特定のポケモンの一貫ができやすい欠陥構築になってしまいました。時間も無かったので立ち回りでなんとかするしか無かったので、ウーラオスダイマを切ってダイアイスで倒したり、不意打ちを躱しながらヒヒダルマで仕留めたり、無茶な立ち回りを沢山しました。

 

皆さんは大丈夫かと思いますが、構築を組む際は並びでの相性補完を最優先に組みましょう。

 

あとがき

最高レート↓

f:id:SER0P0KE:20220103234946j:image
2期連続で最終2桁を獲るという目標を達成できませんでしたが、今期は前期と違って沢山の方とポケモン談義ができ本当に楽しい1ヶ月でした!

 

1月はプライベートの方に沢山時間を割く予定だったのでランクマッチをやらない予定でしたが、不完全燃焼な事もありまだ迷っています。

 

しばらくぼーっとしながらやるかどうかを考えたいと思います。

 

 

------ S25スペシャルサンクス ------

 

まどさん

S25お互い最後の相手になりましたね。また当たったらよろしくお願いします!

スペシャルサンクス皆勤賞!

 

るんばさん

レイスポスを貸してくれてありがとうオリゴ糖(もう何ヶ月も借りてる)。

課長になってもポケモンやってね。

 

うにくん(本物の方)

特性パッチありがとう!あといつもキャスに来てくれてありがとう。

アローラサンドパン活躍させられなかったけど、ミミッキュの方は結構活躍しました!

 

カオスさん

親父窓に誘って頂きありがとうございました!(誘って頂いたのは数ヶ月前だけど)

おかげで色々な方の考えや意見が聞けてモチベを保つ事ができました。

最終日エロ過ぎました。

 

キョウタさん

突然のDMに親身に対応して下さってありがとうございました!

一度凝り固まった思考をリセットする事ができて色々試せました。

最速2000お見事でした!

 

親父窓の皆さん

皆さんの進捗や考察内容を聞けてモチベーションを保つ事ができました。

最終日はカオスさんが卑猥な用語を並べていてすみませんでした。

 

社会人飲み窓の皆さん

また飲みましょう。

 

その他12月中に通話してくれた皆さん

楽しかったです。

 

オフ会にて会って下さった皆さん

私が美少女でごめんなさい。

 

仲良くして下さるFFの皆さん

いつも言っていますが、皆さんが宝物です。

 

これからも精進していきたいと思います!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

質問等ある場合は、Twitter  せろ(@SER0P0KE)までお願いします。

 

それでは、また!

 

 

■おまけ

f:id:SER0P0KE:20220103221204j:image

 

【剣盾S24使用構築】霹靂閃電バンドリ黒馬【最終65位&93位】

皆さんこんにちは、せろです!

 

今回ポケモン剣盾シーズン24において、2ROM最終2桁を獲る事が出来ましたので、久々に構築記事を書かせて頂きました。

 

f:id:SER0P0KE:20211201044224p:plain

 

使用構築の欄でレンタルPTも貸し出しています↓

 

結果

TN:PH0EN1

最終順位:65位

最終レート:2008

 

TN:AKAR1

最終順位:93位

最終レート:2001

 

使用構築

f:id:SER0P0KE:20211201045523j:plain

 

構築経緯

相棒のリザードンは確定...のはずでしたが、1番相性の良いはずの禁伝枠のザシアンを使うのが下手クソ過ぎて全然勝てなかったので断念。ダイマ無しルールの時に少し使っていて1番使用感が良かった黒バドレックスを軸として構築を組む事にしました。

 

・なぜスカーフ?

ダイマックス適性の高い耐久のある黒バドレックスを使いたかったというのが1番の理由です。僕自身があらゆる場面で柔軟にダイマックスを切りたいタイプというのもありますし、他のステータスを削ってまで耐久に振ると火力が微妙に足りなかったり、″ザシアンより速い″という大きな利点も損なわれてしまう事が嫌でした。ですので、素早さと火力を落とさずに耐久に多く努力値を割く事のできるスカーフを選びました。スカーフメタモンに対しても最悪同速勝負を仕掛けられる点も魅力的に感じました。

イベルタルに強めなバンギラスと組ませたいと考えていた為、サイクル中に砂ダメで削れる可能性が高い襷は候補から外しました。

 

使用ポケモン

 

バドレックス(こくばじょうの姿)@拘りスカーフ

f:id:SER0P0KE:20211201051147g:plain

特性:神馬一体

性格:控えめ

実数値:195(156)-×-113(100)-236(236)-121(4)-172(12)

技構成:アストラルビット/サイコショック/リーフストーム/トリック

 

技構成は異なりますが、調整自体は以下より拝借しました。

yuumapoke.hatenablog.com

※ぽけっとふぁんくしょん様に纏められていた記事の中から参考にしました。

 引用元の本人がどなたか分からず未だ掲載の許可が取れていません。不都合であれば引用は取り下げますのでお申し出頂ければと思います。

 

 

引用元に書いてありますが、以下にもまとめておきます。

H-B A実数値222のザシアンの+1の巨獣斬最高乱数以外耐え

   無補正ランドロスの珠ダイジェットを最高乱数以外耐え

H-D 無補正サンダーの珠ダイジェットを最高乱数以外耐え

S準速エースバーン抜き

 

火力も耐久もSラインも絶妙で最高の調整だと思います。

ダイマを切らずに相手のダイマ珠サンダー、ランドロス、エースバーン等を倒せたりする(サンダーに関しては珠ダメと合わせて確定となるので最悪相討ち)ので、相手の描いている試合プランを大きく崩す事ができ、こちらが裏から詰めていくプランを立てやすくなります。

黒バドレックスは耐久が無いと思われているので、ダイジェットで突っ込まれる事が多かったです。大体のダイジェッターは準速のエースバーンより遅い事が多いので、沢山の試合で上から2発のアストラルビットを叩き込んで、有利な盤面の形成に大きく貢献してくれました。

 

また、アタッカーとしてではなく、相手のやりたい事を妨害する為の飛び道具として使うこともありました。

例えば相手のポケモンがオーロンゲ等の壁展開要員だったり、ひたすら積んでくる可能性があるルギア等だったりする場合は、トリックでスカーフを押し付けて行動を制限させます。

特にルギアはH振りだけでもマルスケ込みでアストラルビットを余裕で耐えてくるので、電磁波から積みの起点にされてしまいます。弱保持ちも一定数いますので抜群技だからと言って闇雲にアストラルビットを撃たずに裏で処理する事を心がけました。

 

技構成ですが、僕はこの4つが使いやすかったです。特に草技は必須級だと思います。CSカイオーガならダイマを切り合った時にダイソウゲン+GF下ダイソウゲンで倒せますし、バンギで黒バドを見ている受け構築全般はこいつで崩す事前提で立ち回っていたので外せませんでした。最終盤の上位はチョッキカイオーガの方が若干多かった気がするので安定はしませんでした。

技の優先度としては

アストラルビット>リーフストーム>トリック>サイコショック

だと思います。

 

後は砂下の準速すなかきウオノラゴン、準速レジエレキ、雨下のすいすい準速ガマゲロゲを抜けて上から叩けるのは偉過ぎました。

 

本当に最高の禁伝枠でした。

 

 

 

サンダー@ゴツゴツメット 

f:id:SER0P0KE:20210201062408g:plain

特性:静電気

性格:図太い

実数値:197(252)-×-150(252)-145-111(4)-120

技構成:ボルトチェンジ/暴風/怪電波→熱風/羽休め

 

悪ウーラオスへの後出しを考えてHB極振り。 

怪電波は主にラプラスへのダイマ枯らしに使っていましたが、裏のウーラオスまで考えたら、ウーラオスインファイトラプラスを処理してからサンダーのダイバーンでザシアン処理しをするルートを取った方が賢いなと思ったので、最終日3日前くらいにダイバーン媒体の熱風に変更しました。

選出率は1番低かったですが、地面の一貫が切れる&ウーラオスに後投げできる駒は必ず必要だったのでPTからは外せませんでした。

 

 

 

エースバーン@命の珠  ※キョダイ個体

f:id:SER0P0KE:20211202041114g:plain

特性:リベロ

性格:意地っ張り

実数値:155-184(252)-95-×-96(4)-171(252)

技構成:火炎ボール/飛び膝蹴り/飛び跳ねる/ギガインパクト不意打ち

 

B < D

不意打ちのリーチを出来るだけ伸ばしたいため特化A極振り。

 

よく居る準速珠アタッカー。

黒バドをポリ2で見ている構築に対してウーラオスと合わせて牽制する枠です。

サンダーのゴツメで襷を剥いだ悪ラオスをダイジェットの餌にしてザシアンごと狩っていました。

サンダーがバンギドリュウズ黒バドあたりで問題なく処理できていたので、ダイアタックを撃つ場面がほとんどありませんでした。なので、珠ドラパルトに対して打ち勝てるダイアーク媒体の不意打ちを代わりに採用。

この変更は成功で、珠不意打ちがあまり警戒されないのか刺さる場面が多かったです。トリル構築やスカーフカイオーガ、また黒バドをコピーしたメタモン相手によく撃ち、不意打ちのおかげで拾えた試合もありました。

黒バドをメタモンにコピーされてもこいつで切り返せると思ったら気が楽でした。

 

 

バンギラス@脱出パック

f:id:SER0P0KE:20211202041445g:plain

特性:砂起こし

性格:意地っ張り

実数値:201(204)-193(172)-132(12)-×-133(100)-84(20)

技構成:ストーンエッジ/噛み砕く/馬鹿力/電磁波

 

A  ストーンエッジ+砂ダメでB4振りイベルタルを確定。

B  陽気イベルタルの珠ダイスチル確定耐え。

B < Dになるように調整。

S  麻痺状態の100属抜き。HDバンギラスの上を取れるように意識。

 

岩技はロックブラストではなく、イベルタル意識でストーンエッジを採用。サンダーに対しても大きな打点となりました。たまにダイマックスを切っていたのでダイウォール媒体としても使え、後続のサポートができる電磁波を採用。

最初はHAベースで使っていたのですが、イベルタル対面で特殊耐久が若干足りないかなと感じたので少しだけDに割きました。(イベルタルが強すぎる)

バンギラスはタイプや耐久は優秀なのですが、如何せん対面操作技が無いため、ウーラオスやウオノラゴンの後出しをされてしまうと簡単に相手視点での有利盤面を形成されてしまいます。

そこで採用した持ち物が脱出パックです。ダイマなし環境では稀に見かける事もありましたが、今の環境では見る事が少なくほぼ警戒されませんでした。

ダイマ環境では「相手のステータスを下げる」ダイマックス技がいくつかあります。それらの技に後投げするだけで砂下ドリュウズを無償で着地させる等強い動きが可能なので、試合プランが立てやすかったです。

有利対面での1手目はほぼ馬鹿力を押していました。

 

 

 

ウーラオス(連撃の型)@拘り鉢巻

f:id:SER0P0KE:20211202042307g:plain

特性:不可視の拳

性格:陽気

実数値:175-182(252)-121(4)-×-80-163(252)

技構成:水流連打/インファイト/冷凍パンチ/アクアジェット

 

構築単位で悪ウーラオスミミッキュランドロスがきつかった&PTに必須とも言える水枠が居なかったので採用。

黒バドとの補完がよく取れていて選出率も高かったです。

最初は悪ウーラオスの特化暗黒強打+インファイトを耐える耐久型で採用していましたが、構築で苦手なポケモン達(ランドロス、悪ウーラオスミミッキュ)に上を取られる事が多かったので最速にしました。

冷凍パンチは拘り読みでインファイトを受けにきたカイリューやドラパルト、ランドロスをダイアイスで分からせる為に採用。

体力が残り少なくても安易に切らず、アクアジェットでスイープすることを頭に入れて立ち回っていました。

 

 

 

ドリュウズ@気合いの襷

f:id:SER0P0KE:20211202042813g:plain

特性:砂かき

性格:意地っ張り

実数値:185-205(252)-81(4)-×-85-140(252)

技構成:地震/アイアンヘッド/ロックブラスト/剣の舞

 

本構築のMVP。

困ったら選出していたレベルで多くの試合に選出していました。

ここまでの並びで辛いゼルネアスに対して強いのは勿論、襷を持つ事で珠サンダー、ザシアン、エースバーン、レシラム、ホウオウにも強く出れるのが優秀でした。襷を盾に強引に積んで全抜きしたり、襷以外の持ち物が考えられなくなるくらい活きた試合が多かったのです。何より行動保証がある事でどのPTにも躊躇無く出せるという所が個人的には1番良かった所かなと思います。全抜き性能も高いので皆さんもお試しあれ。

後は数自体はそんなに居ませんでしたが、最速ウオノラゴンよりもSの実数値が1高く、砂かきであろうが上から殴れるのは偉かったです。

 

FFのガーダシルさん主催のガラルユナイト2nd(冠ルール)にて全く同じ型のドリュウズを使っていたのですが、試運転をするためのカジュアルバトルでカイリューサンダーザシアンをこのポケモンで3タテして勝ってしまったので、禁伝環境でもやれると思い採用に至りました。仲間大会は気づきも多くて出得ですね。

 

 

基本選出

おおよそ以下のような選出をしていました。

 

vsザシアン(ラプザシアン、ザシアンウーラオス

水ウーラオス+サンダー+エースバーンor黒バドレックス

・ラプザシアンの場合は水ウーラオスインファイト×2でラプラスを処理してから、次に出てきやすいザシアンに対してサンダーでダイマを切ってダイバーン連打で処理します。壁があっても雨が降っていても、ダイバーンを連打してたらそのうちザシアンはしにます。

 

vsザシアン(ザシアンポリ2)

黒バドレックス+水ウーラオス+ドリュウズorエースバーン

・大体ザシアンから入られて裏にポリ2というパターンが多かったですが、即ポリ2引きという試合はあまりなかったので初手はアストラルビットが安定です。2ターン目にポリ2に引いてくる人が体感9割以上だったのでウーラオスで釣っていました。相手がポリ2で無理やりダイマを切ってこない限りは大体そこで試合は終わっていました。

 

vs日食ネクロズマ

黒バドレックス+水ウーラオス+ドリュウズorエースバーン(ほぼドリュウズ

・露骨な黒バド対策のポケモンが入っている事が多かったので、黒バドを通す事は意識せず、裏の高火力アタッカー2匹で日食ネクロズマ1匹を処理するようなイメージで立ち回っていました。珠サンダーで初手ダイマを切ってくる構築も多かったので、初手は黒バド投げが安定でした。

日食ネクロズマ本当に硬かった。

 

vsイベルタル

バンギラス+水ウーラオス+ドリュウズ

・物理イベルタルでは無いことを祈りながら初手にバンギラスを投げて馬鹿力を選択していました。特殊受けやドヒドイデの前で剣の舞を積んでイベルタルごと貫いていました。

いや、貫ぬかれた試合の方が多かった。

 

vsカイオーガ

黒バドレックス+水ウーラオス+エースバーン

・最終日前日と最終日は黒バドを初手に投げてダイマしていました。裏から出てきやすいミミッキュには大体シャドークローを撃たれていたので、ウーラオスの後投げが安定していました。ミミッキュを処理できれば黒バドでスイープすることもできたので、雑に切らないように心がけていました。

 

vs黒バドレックス

黒バドレックス+バンギラス+ドリュウズor水ウーラオス

・相手の初手には黒バドが来やすかったですが、バンギラスを初手に投げてしまうと相手の黒バドの襷を潰せずに逃げられてしまうので、バンギラスは後から投げていました。前が見えていないので黒バド対面ではノータイムで馬鹿力を押していました。

 

vs白バドレックス

水ウーラオス+黒バドレックスorバンギラス+エースバーンor ドリュウズ

・ウーラオスで大きく削り、裏でダイマをして処理することを心がけていました。エースバーンよりもドリュウズの方を多く選出したと思います。

 

vsゼルネアス

黒バドレックス+ドリュウズ+水ウーラオス

・基本的には黒バドから入っていました。初手に壁貼り役が来た場合はトリックを押して行動を制限することでドリュウズの起点にし、ゼルネアスごと貫いていました。襷だったので気合玉でワンパンされる心配もなく安定した試合運びができました。

 

vsゼクロム

黒バドレックス+ドリュウズ+エースバーンor水ウーラオス

・黒バドとゼクロムが初手ダイマを切り合ったった場合、チョッキ以外はほぼ打ち勝てます。裏からよく出てくるメタモンには同速勝負を仕掛けられ、万が一負けた場合でもエースバーンの不意打ちで処理できていたので、ゼルネアス軸同様に有利な試合が多かったように感じます。

 

vsホウオウ

バンギラス+ドリュウズ+水ウーラオス

・ホウオウ+物理受け+特殊受けの選出をされる事が多かったですが、自分が選出する3匹が構築単位で有利だった印象が強く、負けた記憶が無いくらいでした。

 

vsルギア

バンギラス+ドリュウズ+黒バドレックス

バンギラスでルギアに電磁波を入れたり、黒バドでルギアにスカーフを押し付けたり、とにかくルギアに好き勝手させないように邪魔をすることばかり考えていました。

スカーフをトリックして、ドリュウズの起点にして勝ちみたいな試合が多かったです。というかルギア軸には3回くらいしか当たってないので盛りました。すみません。

 

vsディアルガ

水ウーラオス+エースバーン+ドリュウズ

ディアルガ軸は全て↑の選出をしました。対面的な試合が多かったですが、勝率はかなり良かったと思います。

 

vsムゲンダイナ

黒バドレックス+水ウーラオス+ドリュウズ

・僕が当たったムゲンダイナ軸は受け寄りの構築が多かったのでバンギラスとセットで出てくる事がほとんどでした。ウーラオスバンギラス対面になった時はほぼムゲンダイナが受け出しにくるので交換読みで冷凍パンチを撃ち込み、次のターン自己再生を押させて黒バドを無償で着地させていました。そのサイクルを繰り返す事でバンギラスを疲弊させ、頃合いを見てダイソウゲンを撃って詰めに行っていました。

 

vsジガルデ

なんかよく分からないけど選出画面から鬱になったのだけは覚えてる。

 

 

苦手なポケモン

 

★物理イベルタル 

無理。

 

ランドロス

ウーラオスを選出していない場合且つ、ドリュウズを通したい場合、めちゃくちゃきつい。

 

★ドラパルト

ダイマされてもきついし不意打ちされてもきつい。

 

ポリゴン2

アストラルビットが効かない高耐久ポケモンってだけできつい。

 

 

あとがき

f:id:SER0P0KE:20211203120007j:image
f:id:SER0P0KE:20211203120005j:image

 

最終日前日まで3ROM2桁に居たので構築自体は強かったと思います。(3ROM目は最終日出落ちして最終314位で終了)

 

ここ数ヶ月に関してはプライベートの方に多く時間を割いていたので、ちゃんとポケモンに向き合えていませんでした。

今期は何がなんでも結果を出したく、不退転の覚悟でポケモンに臨んでいたので、2ROM最終2桁という結果を残せてホッとしています。

 

色々なディスコ窓に所属しているという利点を生かせずに1人で黙々と考察と調整を繰り返していたので、今期以降は仲良くして下さる皆さんと楽しく構築相談やポケモン談義に花を咲かせたいと思います。

 

 

------ スペシャルサンクス ------

 

まどさん

フレ戦ありがとうございました!いつもたくさん話をしてくれて楽しい時間を過ごせてます。スペサン皆勤賞おめでとうございます!!

 

るんばさん

レイスポスを貸してくれてありがとうオリゴ糖

 

対戦考察?ポ通窓の皆さん

最終日励まし合いながら潜れて嬉しかったです。

 

社会人飲み窓の皆さん

いつも楽しい時間をありがとうございます。また飲みましょう。

 

その他11月中に通話してくれた皆さん

楽しかったです。

 

仲良くして下さるFFの皆さん

皆さんが宝物です。

 

これからも精進していきたいと思います!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

質問等ある場合は、Twitter  せろ(@SER0P0KE)までお願いします。

 

それでは、また!

【剣盾S19使用構築】奇襲特殊ドラパ!PHOENIX対面構築【最終185位】

 

皆さんこんにちは!せろです。

 

今回ポケモン剣盾シーズン19において、最終185位最終レート1942を記録しました。簡潔に構築記事を書かせて頂きます。

 

f:id:SER0P0KE:20210702002157j:image

※尚、構築自体にフェニックス要素はありません。

 

最後まで読んで頂けたら嬉しいです。

 

レンタルパーティーも公開してますので良かったら使ってください!

 

 

結果

TN:SER0

勝敗:143勝108敗

最終順位:185位

最終レート:1942

 

TN:PH0EN1

最終順位:637位

最高レート:195×

 

使用構築

f:id:SER0P0KE:20210702002207j:image

 

シーズン19の感想

想像以上にデフレしてびっくり。

逆に発売から1年半以上経ってるのに続けてる自分が凄い。

 

相手が出してくるカイリュー兄さんがめっちゃ強かった。ラプラス相手にダイマ切ってくる人が2割くらい居たので、裏に向けて撃った絶対零度が空砲に終わりよく負けてました。

 

カイリュー兄さん...めっちゃ強かった。

 

構築経緯

意表をつけるポケモンを使いたいと思いながら前期の構築記事を漁っていたところ、特殊珠ドラパルトを発見。最初はポリヒトデと組み合わせて使っていましたが、僕に妄想癖があるせいで、相手依存の立ち回りをしがちだったのであまり安定はしませんでした。

最終的に勝ち筋の追い方が相手依存になりにくい対面構築を選択し、そこに組み込む事にしました。

 

 

使用ポケモン

  

f:id:SER0P0KE:20210701143724g:plain

ドラパルト@命の珠 

特性:すり抜け

性格:臆病

実数値:163-×-95-152(252)-96(4)-213(252)

技構成:流星群/シャドーボール/大文字/ソーラービーム

 

CSぶっぱ。

ミラーを意識して最速。

 

構築の軸にしたポケモン

僕がたまに夢の中で壁をすり抜けることがあるため、特性はすり抜け。

壁展開や身代わり持ちが多いのでこれで正解だったと思います。

初手に出した試合は大体ダイマを切っていましたが、火力が微妙に足りないという印象でした。初手に来るレヒレがやカバをダイソウゲンで確1に出来きませんが、身代わり警戒なのかカバは地震かステロから入ってくることが多かったです。

...と言いたいところですが、初手でこの対面になることは1回もありませんでした。(多分ウオノラゴンのおかげ)

アローラキュウコン入りにも積極的に繰り出し、上からダイバーンを撃つことで、オーロラベールを貼らせない動きが可能でした。(スカーフは知らない)

ただ、特性すり抜けは認知されているのでふぶきから入られる事の方が多かったです。天候を変えて吹雪を透かし、無償で突破することもありました。

 

馬鹿なので再戦なのを忘れて、ドサイのメタバで狩られたりしました。

 

 

f:id:SER0P0KE:20200601105133g:plain

ラプラス@弱点保険 ※キョダイマックス個体

特性:シェルアーマー

性格:控えめ

実数値:205-×-131(244)-150(252)-115-82(12)

技構成:泡沫のアリア/フリーズドライ/雷/絶対零度

 

C・・・少しでも火力が伸ばしたいため振り切り

S・・・麻痺した最速ウーラオス抜き(だけど麻痺を狙うポケモンが他に居ない)

B・・・できるだけ硬くしたかったのであまりをぶっぱ

 

伝説環境だろうが冠環境だろうが、ずっと同じ個体を使っています。

ラプラスを捕まえるのが究極に下手とか、預かり屋が実装していないとかそういう訳ではないです。

 

相変わらずポリ2兄さんが辛かったです。

交換読み絶対零度か、自己再生読みでウオノラゴンを後投げして解決してました。大体ダイマされて逆に狩られていたので解決になっていたかどうかは諸説。

 環境に刺さってるかと言われればそうでもないような気はしますが、個人的にかなり信頼しているポケモンです。

 

 

f:id:SER0P0KE:20200601042058g:plain

ミミッキュ@アッキのみ

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

 

実数値:151(164)-145(172)-122(172)-×-125-116

技構成:戯れつく、ドレインパンチ、影撃ち、剣の舞

 

ミラーは捨てて、カイリューや襷エースバーンにも勝てるように耐久を意識。

結果、ミラーで負けまって悲惨だった。

vs襷エスバは、剣の舞→ドレインパンチドレインパンチで大体勝てる。(影撃ち読みで不意撃ち押されることが多いため)

火力もA+6ドレインパンチナットレイがギリギリ落ちない等、ミリ耐えされて負けたこともあった。 

ドラパとカイリュー兄さんの対面でよくミミに引いていた。兄さんが逆鱗を押していたら、大体鉢巻なのでドラパにバックしてダイマを切っていった。

 

 

f:id:SER0P0KE:20200801124248g:plain

エースバーン@気合いの襷

特性:リベロ

性格:意地っ張り

 

実数値:155-184(252)-95-×-96(4)-171(252)

技構成:火炎ボール/飛び膝蹴り/ダストシュート/不意打ち

 

ASぶっぱ。

ダウンロード意識でDに4振り。

火力重視で準速。

 

島の守り神に対してゴミを蹴り飛ばす仕事もしている、鬼畜サッカープレイヤー。覚えてる技が全てヤバイ。

HB特化レヒレにはダストシュートを確定耐えされるが、鉄壁型を迅速に処理できるのは大きかった。(外さなければ)

Sを最速にするメリットがゲンガー、アローラキュウコンカミツルギの上を取れる、エースバーンミラーに同速勝負を仕掛けられるといったもの。

よく一緒に選出していたドラパルトが上記4匹の上を取れていることから、準速にしました。

 

アッキミミッキュに対しては

・ドレパン持ち

火炎ボール→不意撃ち→不意撃ちで勝てます。(あれ、さっきアッキミミはエスバに勝てるって言ってたような...)

ゴーストダイブ持ち

剣の舞を積んだ相手でも、

火炎ボール→ゴーストダイブに合わせて不意撃ちを選択でゴーストダイブの威力を半減→不意撃ち

で処理できます。

 

カグヤに対してはダイマを切ることもありました。

大体ダイロックを撃たれるので、ダイナックル→キョダイカキュウで処理していました。

 

 

 

f:id:SER0P0KE:20210701223809g:plain

ウオノラゴン@拘り鉢巻  

特性:頑丈顎

性格:意地っ張り

実数値:165-156(252)-120-×-101(4)-127(252)

技構成:エラ噛み /逆鱗/けたぐり/サイコファング

 

超火力のさかな君。

ダイマはほぼ切らなかったので受け相手に対して突破の可能性を広げるためにフルアタにした。

HBラグラージもピクシーもワンパン。HDポリ2も勿論ワンパン。

HBドヒドイデも後出しから受からない。はずが...トーチカのせいで突破できない。

 

バトンバシャに後投げしてバトン先をワンパンしていた。

ポリ2にも後投げしていたが、冷凍ビームを被弾してよく凍っていた。

 

 

 

f:id:SER0P0KE:20210701230547g:plain

ランドロス@オボンの実

特性:威嚇

性格:意地っ張り

実数値:187(180)-209(196)-110-×-100-128(132)

技構成:地震/空を飛ぶ/岩雪崩/剣の舞 

 

Sは1加速で最速アーゴヨン抜き。

 

地面と電気の一貫を切りたかったのでPTに投入。

調整は強い人のパクリです。

基本ランドエスバやゴリラドランの並び相手に後発から出してダイマを切っていた。

無難に強かったが、ダイマエースとしての運用が多かったため、他のダイマエース(ドラパやラプラス)と同時選出しやすいように、HBかHDに多く振ってクッション性能を上げても良かったと思っている。 

 

基本選出

 

ドラパルトorラプラス+エースバーン+ミミッキュ

 

ほぼ上記のような選出をしていました。

 

受け攻めには

ラプラス+ドラパルトorミミッキュ+ウオノラゴンみたいな選出をしていました。

 

※選出はあくまで一例で、並びによって微妙に変えたりしています。

 

 

苦手なポケモン

 

ドヒドイデ(明確にはランドロスでしか崩せない)

カイリュー(対面構築相手でもエースバーンを出しにくい)

★あらゆるポリ2(強過ぎる)

★オーロンゲ(どうすればいいの)

 

S19スペシャルサンクス&まとめ

f:id:SER0P0KE:20210702002243j:image

いつも話してくれるまどさん

僕が考えた最強のサンダーどうでしたか?

 

通話楽しかったよ!ツバサくん

 

渦潮杯お疲れ様!るんばさん、たにしくん 

来週焼肉行きましょう!

 

最終日励まし合っていた?マリさん

 

いつもありがとうございます!飲み窓の皆さん

 

いつもエールを下さる皆さん

 

最終構築に入れてあげれなくてごめんなさいリザードンさん

 

一度も構築に入れようと思わなかったけど、今急に思い出したランクルスさん 

 

 

皆さんこれからも切磋琢磨しつつ、ポケモンライフを楽しみましょう!

ここまで読んで頂きありがとうございました。ではシーズン20も頑張りましょう!!

See you agein!